小児歯科のページへようこそ

小児歯科

粟田歯科、歯科医師の藤本朋大です。
当院では『20歳で虫歯ゼロ』を目標にしています。

一見、難しそうですが、『ご家庭でのケア』と『歯科医院への通院』で実現できると考えております。
虫歯ゼロのポイント、実は『フッ素』『仕上げ磨き』『食事の回数』この3つだけなんです。

ご来院いただいている方には、歯科医師・歯科衛生士が直接レクチャー致します。

また、このページでは、『虫歯にさせない予防ポイント』を年齢別にご覧いただけるようにしております。

年齢別による予防法

歯が生えるまで 0歳~6ヶ月

0歳~6ヶ月歯はまだ生えてきていません。
この時期は、お子さんを虫歯にさせないための
『お母さんの準備期間』です。

お子さんのお口の状態は
『ご両親のお口の状態に似てきます』
ご両親のお口のケアがしっかりできているとお子さんも自然と『虫歯がないお口』になる傾向があります。
お子さんにとっては『歯医者さんに慣れてもらうだけ』で問題ありません。

歯が生えてきたら 6ヶ月~

6ヶ月~通常、下の前歯が2本生えてきます。
この時期のお子さんは『歯を磨かせてくれません』が、焦る必要はありません。
この時期に注意するべきことは、母乳以外の時間に『長時間、哺乳瓶でのミルクを与えてしまうこと』です。

『哺乳瓶う蝕』といい、虫歯が多く発生してしまい注意が必要です。『歯磨きシート』や『ガーゼ』で歯を拭っていただいても問題ありません。

実はこの頃から『フッ素』を効果的に使用することができます。お子さんの爪ぐらいの量のフッ素をすり込んであげてください。(少量のフッ素なら飲み込んでも問題ありません)

上下4本が生えそろってきたら 1歳半~2歳半

1歳半~2歳半1歳半ぐらいで上下4本が生え揃います。
この時期は歯ブラシで遊んでみたりと、徐々に歯ブラシに慣れていくことが必要です。
しかし、この時期は歯が生えてきてくるわりには『全く歯磨きをさせてくれいない時期』です。

理想的に『フッ素』を用いて『歯磨き』をさせてくれないですが、虫歯予防には他の方法があります。
ズバリ先に紹介した『食事の回数』です。

基本的には朝昼晩の3回とおやつ1回にとどめる必要があります。
かつ『歯に長い間ひっつくようなクッキーやハイチュウ等』は虫歯のリスクが高くなります。
また、ジュースの飲みっぱなしも虫歯のリスク非常に上がります。水分補給は『水 or お茶』で十分です。
事実、ご家庭に『ジュースがなく、そもそもジュースを日常的に飲む習慣がないお子さん』は虫歯が少ない傾向にあります。
2歳は通常『イヤイヤ期』といわれ、何やってもうまくいきません><
最低、晩の仕上げとフッ素だけはしておきたいです。

全ての乳歯が生えそろったら  3歳~

1歳半~2歳半この時期には全ての乳歯が生え揃います。
(上10本、下10本です)
歯と歯の間がきつくなり、この時期に『フロス』を習慣化させたいです。
大人になってから『フロスの習慣がある人とない人』では大きく虫歯のリスクが変わってくる傾向にあります。
そして、『グチュグチュ』ができるようになると『フッ素洗口』が非常に効果的になってきます。
毎晩、歯磨き後に行うだけで『大きな虫歯予防効果』を発揮します。

6歳臼歯が生えるまで  3~6歳

3~6歳この時期に『フッ素』『仕上げ』『食事の回数』この3つのポイントを習慣にしてください。
今後の人生にとてもに重要な時期になります。
ここは虫歯のリスクが高い時期であり、おやつの時間が定着してくる時期でもあります。
虫歯ゼロに向けた習慣形成のおいてとても大事な時期になります。

上下前歯では乳歯が抜けて永久歯が顔を出してきます。
上の永久歯は『乳歯が抜けてから』生えてきます。
一方で下の永久歯は『乳歯と永久歯が前後に重なる』ように生えてきます。

6歳臼歯が生えてきたら  6~7歳

6~7歳6歳臼歯はいわば『歯の王様』です。
今後の長い人生の中で非常に大事な歯です。

しかし、そんな大事な歯が『お子さんが自分で完璧に歯磨きできない6歳にはえてきてくる』のです。

なので、この時期のお母さんの役割が『今後の虫歯予防にとても大事』になってきます。(具体的には『仕上げ』『フッ素』『食事の回数』と定期検診に通うことが大事になります)
しかも生えたての永久歯は『非常に虫歯になりやすい』のです。毎日のお母さんによるチェックが必要です。

全ての歯が生えそろうまで 7~14歳

7~14歳この期間の後半に『乳歯がどんどん抜けて永久歯が生えてきます』

この時期に『歯医者さんにしっかり通院し。お子さんご自身が磨き方を覚える』必要があります。

当院でもこの時期のお子さんに対する、ブラッシング・フロッシングの指導を強化しております。
 

全ての歯が生えそろう(第二大臼歯の萌出)14歳以降

さぁ、ここからは完全に『お子さん自身がお口のケアを行なっていく』ステージです。
お母さんの『仕上げ磨きからの卒業です』

自分で『フッ素を塗布して、歯磨き』をし、
『フロスも欠かさず』そして、しっかり定期的に歯医者さんに通院する。
お口の健康を守る習慣が確立できれば、
その後の人生『歯で困ることはない』といえるでしょう。

定期検診で虫歯・歯周病予防も忘れずに

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください