インプラント治療:すべての歯を失くした場合(上下顎部)

症例
■治療前
インプラントで全顎治療と審美性も希望された患者さま。

症例
次へ
症例
■治療中
下顎に9本のインプラントを埋入し、ネジ止めの仮歯を入れ、上顎左右臼歯部にサイナスリフトによる骨造成手術を行ったレントゲン写真
次へ
症例
■治療後
上下12本ずつ、合計24本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴をしました。

症例症例
症例

上下顎とも骨吸収が著しく、上顎左右側のサイナスリフトによる骨造成および予知性を考えて、下顎9本、上顎10本のインプラント埋入を行いました。その後、仮歯を調整しながら10か月近く咬合が安定されるのを待ち、上下12本ずつ、合計24本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴をしました。
患者さまのご要望もお聞きしながら妥協せずに治療を進めていくことで、信頼関係も常に良好でした。
何でも不自由なく噛める、自然で白く美しい歯になったと、大変満足していただきました。治療前よりも若々しい笑顔の患者さまを見るたびに、私自身も満足しています。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください