インプラント治療:すべての歯を失くした場合(上顎部)1

症例次へ症例
症例症例
症例症例

上下顎とも入れ歯が合わず、長時間入れていられないのでどうにかならないかと当院に来られた患者さま。
診察してみると、自費の入れ歯を何組か持ってきておられました。義歯による治療には限界があることをご説明し、インプラントによる全顎的な治療を提案させていただきました。

症例

インプラントを選択されましたので、上顎は7本のインプラントを埋入し、11本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴しました。下顎は2本のインプラントを埋入し、義歯とインプラントを磁石で接合させることで安定し、違和感の少ない入れ歯を入れさせていただきました。
審美性も改善され、入れ歯が動くことによる違和感からも開放され満足されておられます。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください