歯周病が招く全身疾患

歯周病が招く全身疾患歯周病は歯や歯肉のトラブルを招くだけでなく、糖尿病などの全身疾患に密接に関わっています。これは歯周病菌がお口の中から容易に全身へ回り込み、血管内にさまざまな悪影響を及ぼすためです。

糖尿病
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の1つと言われてきましたが、最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼし合う密接な関係にあります。歯周病治療で糖尿病も改善することもわかってきています。

狭心症・心筋梗塞
歯垢や歯石に付いた細菌が周囲に炎症を引き起こすと、その刺激によって動脈硬化を促進する物質が分泌され、狭心症や心筋梗塞の原因となるとされています。

誤嚥性肺炎
歳をとると、食事のときに食べ物が気管や肺に入り込んでしまうことがあります。それで肺に細菌が繁殖し、引き起こされる病気が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、口腔内で繁殖した歯周病菌だと言われています。

骨粗しょう症
骨粗しょう症で全身の骨が衰えると、同時に歯を支えている歯槽骨ももろくなってきます。つまり、骨粗しょう症の方は歯周病にもかかりやすい状態だということです。

関節炎・腎炎
関節炎や糸球体腎炎の原因となる細菌の多くは、歯周病の原因菌となっています。歯周病によって増えた口腔内の細菌が血液中に入り込んでしまうことで、関節炎や腎炎になることがあります。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください