妊娠中の方は歯周病に注意しましょう

歯周病治療妊娠の中期から後期にかけて、女性ホルモンの分泌量が増えてきます。その女性ホルモンが歯周病を悪化させてしまうことがあります。エストロゲンという女性ホルモンには、歯周病の原因菌の繁殖を促す働きがあります。

それまで歯周病に縁のなかった人でも、妊娠を機に歯肉炎を起こし、それが出産後に本格的な歯周病に進行してしまうというケースもよく見られます。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください