歯周外科

歯周病治療歯周外科とは、プラークコントロールやルートプレーニングなどを行っても症状の改善が見られないほど進行してしまった歯周病に対して行う治療法の1つです。歯周外科にもさまざまな方法がありますが、患者さまの状況に応じて説明をさせていただいております。

フラップ法
歯肉を歯槽骨から剥離し、歯根の歯垢・歯石除去、歯槽骨の清掃、歯肉などのダメージ部分切除で、歯肉の状況改善をはかります。

歯周ポケット掻爬術
スケーラーを用いて歯周ポケット内の炎症組織及び汚染セメント質を取り除きます。除去したことで清潔になった歯根面に、新付着を期待する手術です。

歯肉切除
歯周ポケットの除去や審美性の回復などのために歯肉をメスで切り取る手術です。

歯根端切除術
根管治療ではどうしても治らない場合に、最終手段として外科的に感染した歯根の先端を切り取ってしまう手術です。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください