子どもの矯正

大人の矯正成長期のお子さまの場合、歯並びが悪いとあごの成長まで遅くなってしまう可能性があります。小児矯正は、永久歯に生え変わる時期から取り組めます。なるべく早く治療を始めて、お子さまが健康に成長できるように心がけたいものです。

子どもの頃に噛み合わせや歯並びが悪いと、むし歯や歯周病、顎関節症などになるリスクが高まります。また、心理的な影響を受けることも考えられます。歯並びが良くなると、今まで笑わなかったお子さんがよく笑うようになったというケースもあります。

歯並びが悪くなると...
・歯磨きがしづらいのでむし歯になりやすい
・よく噛めないので、あごの成長が遅れてしまう
・よく噛めないので、肥満になりやすい
・あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
・息が漏れやすいので、滑舌や発音が悪くなる
・コンプレックスを感じて、何事にも積極的になれない

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください