インプラント

インプラント指導医の資格を持つ院長が「患者さまの体や歯に負担をかけない」ことを第一に治療します。通常なら大学病院での治療となる難しいケースや造骨手術を伴う場合でも、しっかりと対応させていただいております。

インプラント

むし歯や外傷などで歯を失ってしまった場合、これまでは部分入れ歯にするか、両隣の歯を削ってブリッジを被せるしか選択肢がありませんでした。しかし、インプラントの登場により治療の幅が広がりました。

インプラントなら、ブリッジのように健康な歯を削る必要はありません。また入れ歯のような違和感もなく、天然の歯のような感覚で過ごせるのが特徴です。もちろん、天然歯と同じように何でも噛めますし、食べ物の味も損ないません。

当院ではそんなインプラントを、患者さまに安全かつ負担の少ない手術にてご提供しています。当院の院長は、勤務医時代よりインプラントの治療を行ってきました。日本では数少ないインプラント学会の指導医でもあります。

●ISOI国際口腔インプラント学会 指導医
●DGZIドイツ口腔インプラント学会 日本支部 指導医

インプラントとは?インプラント
チタンなどの人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に人工歯を装着する治療方法です。前歯など、目立つ部分の歯を欠損してしまった方や入れ歯を使っていて解決できないお悩みがある方など、幅広いニーズに合う治療法です。

インプラントは骨に固定するため、まるで本当の自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。また、入れ歯やブリッジのようにほか歯に負担をかけることもなく、取り外す必要がないもの大きなメリットです。

患者さまの負担の少ない治療方法
当院では「患者さまの体や歯に負担をかけない」ことを第一に治療にあたります。インプラントの治療計画でも、現状はもちろん将来的にも患者さまの負担が少ない治療を提案いたします。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください