むし歯の進行とその治療方法

むし歯の症状は、初期段階の「CO」から歯のほとんどが崩壊してしまう「C4」までの5段階の症状に区分されます。初期であればあるほど治療の負担を軽減できますので、自覚症状がなくても、ご自身の歯の健康については定期的に把握していただくことをおすすめします。

CO(Caries Observationシーオー:初期むし歯)Co
まだ穴があいたり黒くなったりしていない初期段階のむし歯です。歯が溶け始め、むし歯が始まった状態です。フッ素入りの歯磨き剤による歯磨きで再石灰化することができます。

C1(エナメル質う触)C1
歯の表面であるエナメル質をむし歯菌が溶かし、小さな穴ができた状態です。エナメル質の象牙質までは達していないため痛みがなく、どんどん進行してしまう危険があります。治療は保険適用内の白い詰め物をし、完治が可能です。

C2(象牙質う触)C2
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで達した状態です。神経まではむし歯が進行していないため、それほど強い痛みはありません。冷たいものや甘いものがしみることがあります。

この段階以降は痛みの症状を伴うため、治療時は麻酔処置が必要です。治療は、むし歯の範囲が小さければ削って保険内の詰め物(白)、大きければむし歯の除去と型取りを行い、詰め物をします。

C3(神経まで達したう触)C3
むし歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで達しています。激しい痛みを伴う場合がほとんどです。神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりすることもあります。

この状態まで進行すると、根管治療が必要となってしまいます。根管治療では、炎症を起こしたり死んでしまったりした神経の除去後、神経があった空いたスペースに菌が入らないよう、念入りに洗浄して詰め物をします。

C4(残根状態)C4
むし歯で歯が崩壊し、歯根だけが残った状態です。治療可能な歯質が残っている場合はC3と同様の根管治療ができますが、症状によっては抜歯を免れない場合があります。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください