インプラント治療:1本の歯だけを失くした場合(上顎前歯部)

症例次へ症例
症例

歯根が折れて歯がグラグラになった患者さま。
インプラントを埋入することで、両隣の歯を削ることなく歯を入れることができました。
 

インプラント治療:2本以上の歯を失くした場合(上下顎臼歯部)

症例次へ症例

左奥歯がしっかり噛めなかった患者さま。インプラントを上下1本ずつ埋入することで噛み合わせが安定し、しっかり噛めるようになり、隣の歯も安定しました。

症例次へ症例

左上はサイナスリフトによる骨造成も行い、予知性のあるインプラントを埋入しました。
 

インプラント治療:4本以上の歯を失くした場合(下顎臼歯部)1

症例次へ症例

入れ歯に不満があり、インプラントを希望し来院された患者さま。
下顎左右に2本ずつインプラントを埋入した結果、硬い食べ物も奥歯でしっかり噛めるようになり、大変満足していただきました。
右下の奥歯は骨吸収が著しく抜歯となりましたが、左下の奥歯はインプラントを入れることで負担も軽くなり、動揺も少なくなり、残すことができました。

症例症例
症例

左右とも仮歯を入れ、あごの位置が安定し、十分に噛めるようになったのを確認したあと、最終の被せ物を入れさせていただきました。

インプラント治療:4本以上の歯を失くした場合(下顎臼歯部)2

症例次へ症例症例

部分入れ歯を入れていましたが、審美性に満足できず、インプラントを希望された患者さま。
左右とも骨吸収が著しかったので、骨造成を併用しました。インプラントで十分に奥歯で噛めるようになり、審美性にも満足されました。
 

インプラント治療:4本以上の歯を失くした場合(下顎臼歯部)3

症例■治療前
入れ歯に不満があり、インプラントを希望された患者さま。
左右とも下あごの奥歯を抜いたまま入れ歯を入れずにしていたため、上あごの奥歯が挺出してしまって、歯を入れるスペースが不足してしまいました。

症例症例次へ
症例■治療中
下あごの奥、左右2本ずつインプラントを埋入しました。
左上の奥歯は矯正用暫間ミニインプラント4本を固定源にして、装置が目立たないように矯正をしました。
次へ
症例■治療後
奥歯でしっかり噛めるようになり、大変満足していただきました。


症例症例
 

インプラント治療:4本以上の歯を失くした場合(下顎臼歯部)4

症例次へ症例
症例症例

奥歯で噛めなくなって困られて当院に来られた患者さま。
入れ歯にするかインプラントにするか迷われていたので、それぞれの利点・欠点を十分説明させていただきました。インプラントを選択され、何でも噛めるようになり、大変満足しておられます。

インプラント治療:4本以上の歯を失くした場合(上顎前歯部、臼歯部)

症例次へ症例
次へ症例

前歯2本のインプラントを希望されて来院された患者さま。
インプラント埋入と同時の唇側の骨造成と、色調を残存歯に合わせたセラミック冠で、歯肉・歯ともどこがインプラントの歯かわからないレベルで仕上がり、大変満足していただきました。

症例症例

右上奥歯は歯周病で保存不可能だったため、ソケットリフトを併用した骨造成と2本のインプラントを埋入しました。奥歯の噛み合わせも安定し、予知性のある治療ができました。
 

インプラント治療:8本以上の歯を失くした場合(上下顎臼歯部)1

症例次へ症例
症例

15年以上歯周病メンテナンス治療を続けられてきた患者さま。
左側奥歯を歯根破折で抜歯されるのを機に、動揺の著しい上下左右臼歯部をインプラントにされました。
奥歯でしっかり噛めるようになり、前歯部・小臼歯部も安定し、動揺も少なくなりました。
 

インプラント治療:8本以上の歯を失くした場合(上下顎臼歯部)2

症例次へ症例症例次へ症例症例症例症例

入れ歯では硬い物が噛めず、インプラントを希望されて来院された患者さま。上顎に3本、下顎に6本のインプラントを埋入しました。
「入れ歯から解放され、しっかり噛めるようになった」と、大変満足していただきました。
 

インプラント治療:8本以上の歯を失くした場合(上下顎臼歯部)3

症例次へ症例症例次へ症例

上あごの部分入れ歯の安定が悪く、硬いものが噛めなかった患者さま。
残存歯1本とインプラント2本の3か所で入れ歯と磁石で接合することで、固定式の歯と変わらないほど入れ歯が安定し、何でも噛めるようになりました。

インプラント治療:10本以上の歯を失くした場合(上下顎部)1

症例次へ症例

症例症例

上顎の歯がすべて動揺し、食事に支障をきたし、全顎的なインプラントを希望された患者さま。
上顎の歯にかかる過重負担を一時的になくすことで、7本の歯は残すことができました。
親戚にあたる方で信頼関係が築きやすく、治療がスムーズに進み、私自身も患者さま共々、治療結果に満足しています。

インプラント治療:10本以上の歯を失くした場合(上下顎部)2

症例次へ症例
症例症例

食事が思うようにできなというお悩みから、インプラントを希望され来院された患者さま。上あごの骨が少ないため、骨造成後にインプラントを埋入しました。噛み合わせが十分に安定することで、食事ができるようになりました。上あごはジルコニアボンドセラミックを用いて、自然な色調の歯を入れることができました。
 

インプラント治療:10本以上の歯を失くした場合(上下顎部)3

症例次へ症例

症例次へ症例

15年以上歯周病メンテナンス治療を続けられてきた患者さま。
下顎奥歯2本の動揺が強く、咬合痛がみられるようになったのを機に、インプラント治療をおすすめしました。埋入したインプラントと義歯を磁石で接合させることで下顎の義歯が安定し、十分に噛めると満足していただいております。
 

インプラント治療:10本以上の歯を失くした場合(下顎部)

症例次へ症例

症例次へ症例

下の入れ歯の安定が悪く、硬いものが噛めないとあきらめていた患者さま。
1本のインプラントを埋入し、入れ歯と磁石で接合することで入れ歯が動かなくなり、何でも噛めるようになったと満足されています。

インプラント治療:すべての歯を失くした場合(上顎部)1

症例次へ症例
症例症例
症例症例

上下顎とも入れ歯が合わず、長時間入れていられないのでどうにかならないかと当院に来られた患者さま。
診察してみると、自費の入れ歯を何組か持ってきておられました。義歯による治療には限界があることをご説明し、インプラントによる全顎的な治療を提案させていただきました。

症例

インプラントを選択されましたので、上顎は7本のインプラントを埋入し、11本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴しました。下顎は2本のインプラントを埋入し、義歯とインプラントを磁石で接合させることで安定し、違和感の少ない入れ歯を入れさせていただきました。
審美性も改善され、入れ歯が動くことによる違和感からも開放され満足されておられます。

インプラント治療:すべての歯を失くした場合(上顎部)2

症例次へ症例
症例症例症例

上あごの入れ歯が合わず、すぐに外れてしまうというお悩みで来院された患者さま。インプラントを埋入し、インプラント体と入れ歯を磁石で接合させて安定させました。また、下あごの奥歯と前歯部に、合計5本のインプラントを埋入し、「硬いものもしっかり噛めるようになった」と、大変満足していただきました。

インプラント治療:すべての歯を失くした場合(上下顎部)

症例
■治療前
インプラントで全顎治療と審美性も希望された患者さま。

症例
次へ
症例
■治療中
下顎に9本のインプラントを埋入し、ネジ止めの仮歯を入れ、上顎左右臼歯部にサイナスリフトによる骨造成手術を行ったレントゲン写真
次へ
症例
■治療後
上下12本ずつ、合計24本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴をしました。

症例症例
症例

上下顎とも骨吸収が著しく、上顎左右側のサイナスリフトによる骨造成および予知性を考えて、下顎9本、上顎10本のインプラント埋入を行いました。その後、仮歯を調整しながら10か月近く咬合が安定されるのを待ち、上下12本ずつ、合計24本のオールセラミッククラウン(ジルコニアレイヤリング)で補綴をしました。
患者さまのご要望もお聞きしながら妥協せずに治療を進めていくことで、信頼関係も常に良好でした。
何でも不自由なく噛める、自然で白く美しい歯になったと、大変満足していただきました。治療前よりも若々しい笑顔の患者さまを見るたびに、私自身も満足しています。

矯正治療:ガタガタ感のある症例(1)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(2)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(3)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(4)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(5)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(6)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感のある症例(7)

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感があり上顎が前突している症例

症例
次へ
症例

矯正治療:上顎が前突している症例

症例
次へ
症例

矯正治療:ガタガタ感があり、前歯が噛み合わない症例

症例
次へ
症例

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください