歯周病治療

30歳以上の日本人の約8割がかかっていると言われる歯周病。歯の土台である歯槽骨が溶かされ、全身の疾患にもつながる危険があるのに自覚症状がほぼ出ない恐ろしい病気です。

歯周病治療

歯周病は、重症化するまで痛みなどによる自覚症状がほとんど出ない病気です。そのため、かなり進行してしまってから歯周病の発見に至るケースが増えています。

患者さまが抜歯を希望されない場合は最大限歯を残す努力はいたしますが、重症化した歯周病はほとんどの場合、基本治療だけでは治すことができません。大切な歯を残すことが困難な状態となってしまうため、自覚症状がないときからの定期検診が重要です。

歯周病とは

歯周病治療歯周病は、歯ではなく歯を支える骨や歯肉などを侵食してしまう病気です。歯周病に侵されると歯の土台である歯槽骨が徐々になくなっていき、ついには歯が抜けてしまうという恐ろしい病気です。

歯周病チェック
歯周病で何よりも怖いのが、初期のうちは痛みなどの自覚症状がほとんどないことです。以下の自己チェックの結果、当てはまるものが1~2項目の場合は軽度、3~5項目の場合は中度、6項目以上の場合は重度の歯周病の可能性があります。

<歯周病の自己チェック>
□ お口の中がネバネバする
□ 口臭がする
□ 歯と歯の間に食べ物がはさまる
□ 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったように見える
□ 歯ぐきを押すと血や膿が出る
□ 歯を磨いていると血が出る
□ 水や甘い物を口に含むとしみる
□ 固い物が噛みづらくなった
□ 歯がぐらぐらする
□ 歯に歯垢や歯石が付いている
□ 歯ぐきが腫れている

歯周病が招く全身疾患

歯周病が招く全身疾患歯周病は歯や歯肉のトラブルを招くだけでなく、糖尿病などの全身疾患に密接に関わっています。これは歯周病菌がお口の中から容易に全身へ回り込み、血管内にさまざまな悪影響を及ぼすためです。

糖尿病
歯周病は以前から、糖尿病の合併症の1つと言われてきましたが、最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼし合う密接な関係にあります。歯周病治療で糖尿病も改善することもわかってきています。

狭心症・心筋梗塞
歯垢や歯石に付いた細菌が周囲に炎症を引き起こすと、その刺激によって動脈硬化を促進する物質が分泌され、狭心症や心筋梗塞の原因となるとされています。

誤嚥性肺炎
歳をとると、食事のときに食べ物が気管や肺に入り込んでしまうことがあります。それで肺に細菌が繁殖し、引き起こされる病気が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、口腔内で繁殖した歯周病菌だと言われています。

骨粗しょう症
骨粗しょう症で全身の骨が衰えると、同時に歯を支えている歯槽骨ももろくなってきます。つまり、骨粗しょう症の方は歯周病にもかかりやすい状態だということです。

関節炎・腎炎
関節炎や糸球体腎炎の原因となる細菌の多くは、歯周病の原因菌となっています。歯周病によって増えた口腔内の細菌が血液中に入り込んでしまうことで、関節炎や腎炎になることがあります。

妊娠中の方は歯周病に注意しましょう

歯周病治療妊娠の中期から後期にかけて、女性ホルモンの分泌量が増えてきます。その女性ホルモンが歯周病を悪化させてしまうことがあります。エストロゲンという女性ホルモンには、歯周病の原因菌の繁殖を促す働きがあります。

それまで歯周病に縁のなかった人でも、妊娠を機に歯肉炎を起こし、それが出産後に本格的な歯周病に進行してしまうというケースもよく見られます。

歯周病の進行

歯周病には、各症状の正しい処置とセルフケアが必要です。むし歯と同様に、発見が早ければ早いほど治療負担軽減につながります。

歯周組織は健康な状態歯周病の進行
歯肉の状態...薄ピンク色で腫れのない状態
歯周ポケットの状態...1~2mm程度

【対処法】
この状態なら治療は不要ですが、5か月ごとの定期検診と、毎日の歯垢除去は欠かさず行いましょう。歯科医院での専門的な歯のクリーニングも効果的です。

歯肉炎歯周病の進行
歯肉の状態...歯ぐき溝と呼ばれる溝に歯垢が溜まり、歯ぐきに炎症がある状態
歯周ポケットの状態...歯垢と炎症とで、ポケットができている

【対処法】
5か月ごとの定期検診と、ブラッシングで改善をはかります。歯科医院での歯石除去も必要です。専門的な歯のクリーニングも効果的です。

軽度歯周病歯周病の進行
歯肉の状態...炎症が起こり、歯ぐきの赤味が強くなり、歯槽骨にも変化がでてくる状態
歯周ポケットの状態...3~4mm程度

【対処法】
4か月ごとの定期検診とブラッシングで歯肉の状況改善をはかります。その後、歯科医院での歯石除去と、歯肉内のSRPなどを行います。この段階まで進行した場合、専門的な歯のクリーニングも定期的に受ける必要があります。

中等度歯肉病歯周病の進行
歯肉の状態...炎症が進行し、歯槽骨の吸収も進行し、歯肉の腫れや出血もある状態
歯周ポケットの状態...4~6mm程度

【対処法】
3か月ごとの定期検診とブラッシングで歯肉の状況改善をはかり、その後、歯科医院での歯石除去と、歯肉内のSRPを行います。症状が重い場合は、歯周外科手術が必要となる可能性もあります。専門的な歯のクリーニングや再発防止対応が必須です。

重度歯肉病歯周病の進行
歯肉の状態...定期的に腫れて、痛みもひどい状態

【対処法】
歯の保存が可能なら歯周外科手術などを試みますが、ここまで進行してしまうと抜歯せざるを得ない場合もあります。そうならないためにも、予防や定期検診を欠かさずに行いましょう。

歯周病の基本治療

歯周病治療歯周病の治療法は、患者さまのお口の中の状態や歯周病の重症度によって変わってきます。比較的軽度な症状の場合はSPRによる治療、重症になってくるとペリオウェイブと呼ばれる光線力学療法、さらに重症になると歯周外科での治療となります。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
歯周ポケットの奥深くや歯の根の表面に付いた歯石を除去し、歯周病感染で傷んだ歯の根を部分的に削り、表面を滑らかにする処置です。

ペリオウェイブによる治療
ペリオウェイブとは、PDT(光線力学療法)を用いて歯周病の細菌を撲滅する最先端の治療方法です。ペリオウェイブは薬を使わず副作用もなく、人体に安全で痛みも伴いません。

<ペリオウェイブの治療の流れ>
光線力学療法(PDT治療)
【STEP 1】バイオジェルを歯周ポケットに注入します

光線力学療法(PDT治療)
【STEP 2】無熱レーザーを1分間照射します

光線力学療法(PDT治療)
【STEP 3】死滅した菌を洗浄します

歯周外科

歯周病治療歯周外科とは、プラークコントロールやルートプレーニングなどを行っても症状の改善が見られないほど進行してしまった歯周病に対して行う治療法の1つです。歯周外科にもさまざまな方法がありますが、患者さまの状況に応じて説明をさせていただいております。

フラップ法
歯肉を歯槽骨から剥離し、歯根の歯垢・歯石除去、歯槽骨の清掃、歯肉などのダメージ部分切除で、歯肉の状況改善をはかります。

歯周ポケット掻爬術
スケーラーを用いて歯周ポケット内の炎症組織及び汚染セメント質を取り除きます。除去したことで清潔になった歯根面に、新付着を期待する手術です。

歯肉切除
歯周ポケットの除去や審美性の回復などのために歯肉をメスで切り取る手術です。

歯根端切除術
根管治療ではどうしても治らない場合に、最終手段として外科的に感染した歯根の先端を切り取ってしまう手術です。

ジスロマックによる治療

歯周病治療ジスロマックは1日1回2錠、3日間の服用で、歯周病菌に対して強い抗菌力を発揮する抗生物質の飲み薬です。7日と強く長い抗菌力を発揮する薬です。副作用が少ない抗生物質であることも特徴の1つです。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください