根管治療

根管は、お口の中の健康を維持するために非常に重要な役割を果たしている部分です。根管治療が必要になった場合には、数年先を見据えた丁寧で最良な医療提供に努め、患者さまが求めている以上の結果を出せるよう尽力いたします。

根管治療

「むし歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「むし歯を治療したのに痛い」
「神経を取っているのに、歯ぐきが腫れる」

むし歯になったとき、基本的には歯の悪くなった部分を削り取って、詰め物をしてしまえば治療終了です。むし歯が神経まで進行してしまい、神経の炎症を起こしている場合は神経除去と根管内洗浄を行う必要があります。

歯の根の部分には、神経が通っている細い管があります。むし歯が進行すると細菌がその管にまで入り込んでしまうので、管の中を掃除して除菌する必要があるのです。その施術を根管治療と言います。

大切なのは再発を防ぐこと

根管治療根管治療で最も大切なのは、悪くなった部分を完全に取り去り、しっかり除菌することです。少しでも細菌が残っていると、治療が終わったはずなのに再発してしまったり、歯を抜かなければならなくなったりすることもあります。

根管治療時は精度にこだわり、全力を尽くします。

根管治療の流れ

根管治療の流れ【STEP1】歯の表面のむし歯部分を取り除く
次へ
【STEP2】神経スペースに穴をあけ、根管の治療を行いやすくする
次へ
【STEP3】リーマーなどの専用器具で、歯の根の感染部分を取り除く
次へ
【STEP4】根管内全体に薬を詰め、菌が入らないように根管をとじる
次へ
【STEP5】根管治療後の歯は詰め物・被せ物を装着する

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください