保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯保険診療で作る入れ歯は、義歯を支える床部分がプラスチック製のため、強度を出すためにどうしても厚みが必要です。そのため、装着していると違和感を覚えることも少なくありません。

しかし、保険診療の入れ歯には上記のようなデメリットだけではありません。治療費が安く済むことや、調整や修理が簡単といったメリットもあります。

保険診療内でもご満足いただける入れ歯治療
当院での入れ歯治療は、ほとんどが保険診療内での入れ歯です。保険診療内であっても、しっかりした設計、緻密な調整と審美性も考慮して仕上げ、多くの患者さまにご満足いただいております。

その理由は、噛み合わせとデンチャースペース(入れ歯が収まる空間)を、患者さまのあごの形やお口の中に合わせて細やかに調整していくところにあります。一通り調整したあともフィットチェッカーと呼ばれるものでチェックし、小さな噛み合せのズレも見逃しません。

今お使いの入れ歯で、違和感や調子の悪いところがあれば、ぜひご相談ください。
当院で調整した患者さまから、「こんなに変わるなんて」と驚かれることがよくあります。長きにわたる補綴(ほてつ)の勉強と実績から、技工技術には自信がありますので、入れ歯に関する不安や気になることがありましたら、どうぞご相談ください。

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください

お電話にて症状と来院希望日をお知らせください